PROFILE ~瀧津孝について~

瀧津 孝 たきつこう | 歴史エンターテインメント作家 日本史激動期研究家

作家 評論家・ジャーナリスト 歴史研究家

中央紙の記者時代を経て、フリーのジャーナリストとして独立。
現在、日本史激動期(戦国・幕末・太平洋戦争等)研究家、作家として活躍。アナログ媒体とデジタル媒体を問わず歴史を題材にした小説などを多数執筆。講演では、難解であったり複雑であったりする歴史上の物事ををわかりやすく伝えている。
株式会社雲水舎 代表取締役。


経歴・著書について

京都市生まれ。
立命館大学法学部(国際法)卒業後、読売新聞大阪本社記者。
記者時代の共著書は『京都 影の権力者たち』(講談社)、『ドキュメント 阪神大震災』(読売新聞社)など。
フリーランスのジャーナリストとして独立後の1998年、無料の総合ゲーム情報紙「GAME ゆーゆー(現ジャパニメイト)」を創刊、2013年まで編集長を務める。日本史激動期(戦国・幕末・太平洋戦争等)研究家。
現在、歴史ファンタジー『戦国ぼっち』・歴史冒険活劇『忍びっ娘(こ)ヴァルキリー』シリーズの続編を執筆中であると共に、アナログ媒体とデジタル媒体を問わず歴史を題材にした小説、娯楽読本、ゲーム、アプリなどの制作にも携わっている。
2020年1月 コンシューマーゲーム業界を舞台にした初の経済小説『げえむの王様〜復活を賭ける弱小ゲーム会社に未来は訪れるのか?〜』(銀河企画)を出版。
ランキングコミュニティサイト「みんなのランキング」にて、歴史の専門家として参加。
担当ページはこちらから


専門分野

日本史激動期(戦国・幕末・第二次世界大戦等)
ポップカルチャーにおけるエンターテインメントコンテンツ
コンテンツツーリズム


講演について

日本史激動期(戦国・幕末・太平洋戦争等)研究家、作家として、難解であったり複雑であったりする歴史上の物事を 経営哲学・事業戦略、安全管理、地域活性、意識改革・モチベーション、教育・子育て法などに当てはめ、わかりやすく講演している。

講演に就いてのお問い合わせはこちらから


会社概要

                                                                                             
社名:株式会社 雲水舎

所在地:〒606−8273 京都市左京区北白川山ノ元町2番地の1

資本金:500万円

設立年月日:2012年5月1日

決算月:4月

事業内容:映像・音声・文字情報制作業

代表取締役:亘 孝夫(筆名・瀧津 孝)

シェアする
瀧津孝-歴史エンターテインメント作家・戦国・幕末・第二次世界大戦等研究家
タイトルとURLをコピーしました